ようこそ!

原口の専門はアルゴリズム理論と離散最適化です。理論のみならず、オペレーションズ・リサーチや人工知能などの応用にも興味があります。

最近主に取り組んでいるのは、組合せパズルの自動生成の方法です。これまで数独、KenKen、不等式など、ラテン方陣を解に持つパズルについて、その自動生成手法を研究してきましたが、問題をより広くとらえ、いわゆる盤面上のパズルからアクションゲームまで、様々なパズルやゲームの自動生成手法を研究しています。近年ではパズルは単なる娯楽に留まらず、教育現場での活用、脳トレブーム、ゲーミフィケーションなどで注目を浴びており、そういった場での応用が期待されます。

  • これまでの業績等は Read & ResearchmapDBLP をご覧ください。
  • ゼミ生と協力してパズルアプリを開発しています。ぜひダウンロードして遊んでみてください。Python+Kivyという、日本国内では珍しいフレームワークを用いて開発しています。

    たるあるき Google Play で手に入れよう (2017年10月, 今紺谷君, 岩﨑君, 平山君)
    オタルトンパズル Google Play で手に入れよう (2017年10月, 西島君)
    Skyscraper (2016年10月, 近藤君, 田中君)
    KidsMath SpeedStar (2016年9月, 関屋君)
    COLORCULATE! Google Play で手に入れよう (2016年7月)
    ColorfulSum (2016年6月)
    ふとうしきパズル (2016年3月)

  • PLSE Archive では部分ラテン方陣拡大問題のベンチマーク問題を公開しています. また, この問題に対して私が開発してきたメタヒューリスティクスアルゴリズムを試せます. 部分ラテン方陣を入力してみてください. その拡大を自動的に計算してくれます.
  • LatinPuzzler では計算ブロック不等式など, ラテン方陣を解に持つパズルで遊べます