コンピュータ大貧民

成績

石巻専修大学に所属していた当時、 指導学生をUECコンピュータ大貧民大会に出場させました。やってみるとなかなか面白いので、第7回大会 (2012) からは原口も出場しています。 大会スタッフの皆様には毎回お世話になっています。

第8回大会 (2013) 原口ライト級準優勝、熊谷君ライト級3位、森澤君ライト級4位
第7回大会 (2012) 原口ライト級優勝、工藤君ライト級準優勝、鎌田君ライト級3位
第6回大会 (2011) 清野君渡部君のペアが決勝進出

カード交換プログラム

ダウンロードはこちら (optchange.tgz, 65KB) 解凍すると optchange ディレクトリが生成されますが、その中の readme.optchange.txt に使い方が書かれています。

プレイヤーの身分が大富豪もしくは富豪のとき、 ゲーム開始時に交換するカード (大貧民もしくは貧民に渡すカード) を決めるプログラムです。アルゴリズムの詳細は省略しますが、手札をどの役 (ソロ, グループ, 階段) で出すかを決定する問題を集合分割問題として定式化し、その最適解を元に交換するカードを決めます。

snowl などで使われている cardChange プログラムよりもおおむね有効なことを、原口自身のクライアントで確認しています。また次の文献でもその有効性が示されています。

漆畑雅士: 多人数不完全情報ゲームに対する局面評価値を用いたモンテカルロ法. RIMS 講究録, No.1894 (計算理論とアルゴリズムの新潮流), (2014年1月) pp. 84–88 (リンク)