不等式
  • サイズ: 3x3 4x4 5x5 6x6 7x7
  • 難易度: やさしい ふつう むずかしい


  • 計算ブロック
  • サイズ: 3x3 4x4 5x5 6x6 7x7
  • 難易度: やさしい ふつう むずかしい

  • ゼミ生と協力してiOSで動くパズルアプリを開発しています。ぜひダウンロードして遊んでください。

    COLORCULATE!(2016年7月)
    ColorfulSum(2016年6月)
    ふとうしきパズル(2016年3月)

    ▲ LatinPuzzler について

    このサイトでは 不等式 (Futoshiki)計算ブロック (BlockSum または KenKen) という2つのペンシルパズルを遊ぶことができます。

    不等式や計算ブロックでは、それぞれのパズルに固有の条件を満たす ラテン方陣を見つけなければなりません。 ラテン方陣とは、正方盤面のマス目に対する値の割当ですが、 縦・横のどの並びを見ても、同じ値が1度しか現れないものを言います。 盤面の一辺の長さが 3 のときのラテン方陣の例を示します。

    2 1 3
    1 3 2
    3 2 1

    またこの例のように、 盤面の一辺の長さが n のとき、 割当に用いることのできる値の範囲は 1,2,...,n となります。 (例では n=3。)

    この手のパズルではナンプレ (sudoku) が有名ですが、 ナンプレを取り扱うサイトは他に数多くあるため、 ここでは取り上げません。

    このサイトのパズルは、 すべて独自のプログラムによって生成しています。 このプログラムは原口和也がこれまでの研究を通じて開発してきたものです。

    ▲ ルール

    盤面の一辺の長さを n とします。 どちらのパズルでも、空きマスに 1,2,...,n のいずれかの値を入力して下さい。

    不等式

    • 縦・横のどの並びを見ても、同じ値が1度しか現れないようにして下さい。
    • 隣り合うマス目の間に不等号があるときは、 不等式が成り立つように値を入力して下さい。

    計算ブロック

    • 縦・横のどの並びを見ても、同じ値が1度しか現れないようにして下さい。
    • 盤面は太線で分割されています。それぞれの区画において、 入力した値の合計が、その区画の隅に小さく記された値と等しくなるようにして下さい。

    ▲ 操作方法

    • 値を入力したいセル (対象セル) を選んでください。(マウスならクリックで選択、キーボードなら矢印キーで移動。)
    • 対象セル上でマウスをクリックすると、セルへの入力値が1ずつ増えます。 最も大きな値が入力されているときにクリックすると、対象セルは空白になります。 また数字キーを押せば値が入力され、DELETEキーを押せば空白になります。
    • 答えを見つけたら Complete ボタンを押してください。 (マウスならクリック、キーボードならEnterキー。) またすべてのセルを空白にしたいときは Reset ボタンを押してください。